10月9日(金)収蔵品のご紹介

「西洋蔬菜栽培法 開拓使蔵版」:収蔵番号1843

 明治6年6月発行 


 江戸末期に開国されて以来、西洋から日本に持ち込まれた


様々な野菜を紹介し、栽培方法を記載している書物。


その中に「黍菜類」として、ビートの記述があります。


「第弐拾甜菜培養法」:収蔵番号1840

 明治8年9月発行 平野 栄、鳴門 義民 作
 

 オーストリア博覧会で入手したドイツ語で書かれていた


原版をオランダ人ファン・カステール氏が日本語訳し、


さらに当時の日本人でも分かり易く手直しをしたもの。
 

 当時でも欧州では既にてん菜の栽培が盛んだった事


がわかります。


最新情報

7月22日(土)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広