7月26日(日)札幌からお二人がご来館

S・O様(左) K・S様(右)
S・O様(左) K・S様(右)

7月26日(日)午後、

曇ってはいましたが雨が上がった12時50分頃、

お二人のご来館を戴きました。



ご案内前に「こちらでの滞在予定時間」

「道内の方か、道外の方か」をお伺いすると、

S・Oさん(男性)が「道内から」で

「友人から連絡が来るまでは大丈夫」とお答え戴き、

「40分位で・・」として、

ご案内を始めさせて戴きました。


1階では「当社と帯広製糖所の様子」を

展示品・パネル等ご覧戴きながら、

解説させて戴きました。


2階では

「ペーパーポット」(当社開発移植栽培技術)に直に手に触れて戴きながら、

その後の「ビートの精密模型」と併せて、

「無駄にする所ない、

優れた農作物」である「ビート」をご理解戴きました。


「製糖技術」では、

「ビートナイフ」を一度手に持って戴いた後、

「連続滲出塔」模型でのご説明、

映像を視聴戴き、

より理解を深めて戴きました。



「お砂糖製品前」では、

お二人は理解されていましたが、

日本の多くの奥様方が

誤解(間違った受け取り方)をされている事を

パネル「砂糖の成分」をご覧戴きながら、

お話しました。


「特別室」から「第3展示室」へご案内し、

明治時代の二つ目の「ビート工場」(札幌市東区苗穂)に触れますと、

S・Oさん「住んでいるんです」と言われましたが、

現在の「札幌ビール園」がそうだとは確信が持てなかったご様子。


「今度行く時は、その様な気持ちで見てみます!!」

とも言って下さいました。


当初予定13時30分頃の終了予定が

ずれ込んで13時40分を過ぎてしまいました。


その頃には、

又雨が降り出し雨足が強くなって来ていましたね。



2階ブースを終え、

1階に降りてから「帯広製糖所ゆかりの品々」を見られている時に、

子会社「十勝鉄道の路線図」をご覧戴き、

改めて当時に思いを寄せて戴きました。


お二人は昨日、

帯広入りされ今日中に札幌に戻られるとの事でした。


当館へは「ナビの検索で知り、面白そうだったから、行こう!!」と言う事で

ご来館戴いたとの事を話して下さいました。


果たして「面白かった!!」のであれば、いいのですが・・・。



「館長のブログ」の事をお話しすると、

お二人共快諾戴きましたので、ホットしました。


※実はここ数日、何組かの方にお願いしたのですが、

「ご主人の仕事の関係」から断られた経緯もあり、

正直言い出しずらさもありました。


本当に有難うございました。ヾ(*´∀`*)ノ



雨の降り続く中での運転となります。


くれぐれも気を付けてお帰り下さいね!!


本日はご来館戴き、

笑顔いっぱいのおふたりとの楽しい時間を有難うございました!!            


最新情報

5月27日(土)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広