12月12日(金)清里町からH・Y様ご夫妻ご来館

H・Y様ご夫妻
H・Y様ご夫妻

本日夕方3時半頃、お二人のご来館を戴きました。

 

 お伺いしますと、ご夫妻は清里町で「ビート」も

作られている農家さんで、仕事も一段落したこともあり、

十勝帯広に足を運ばれ、この機会にご自身が栽培されている

「ビート」がどの様に「砂糖」になるのかを知りたくて、

ご来館戴いたとの事でした。


 ご案内の中でお二人は、当社の帯広製糖所は工場を

立ち上げると同時に「インフラ(鉄道網:総延長約64KMの私鉄)」

を施設した事、2階にある「精巧に作られたビートの模型」を

「仮に重さを1kg糖分を16%とすると、

足元にある透明のガラス容器の160g、

約コップ一杯の砂糖を作る事が出来る」と言う

説明には一様に驚かれていました。

 

 ご主人「こんなにも砂糖が出来るんだ・・」と

改めてビートの底力を実感されていましたね。


 「クラーク博士が来道当時確信されていた通り、

北海道がビートの適地適作地である」と言う言葉を

実証している訳です。

 


 ご夫妻は今年「結婚30周年」と言うこともあり、

「温泉でも・・」と十勝に足を運ばれたそうで、

「収穫後のビートの集荷日は12/19だけど、

農作業一段落したので・・」と話して下さいました。


 お帰りの際には、ご主人から「来て良かった!!」と

有難い評価を戴きました。

(本当にヾ(*´∀`*)ノ限りです。)

 


 今後共ご夫妻体に気を付けられ、

北海道農業にとって欠く事の出来ない

「ビート」を作り続けて行って下さいね!!

お願いします!!


 本日はご来館戴き、熱心にご説明を

お聞き下さり、有難うございました。

最新情報

5月27日(土)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広