十勝鉄道㈱旧八千代駅跡発見に伴う一般公開

        5/12(日)10:00~14:00迄一般公開されることを知り、現地に出向き地元の皆さん方(十勝鉄道を生活の足として当時実際に利用された方々が昔の記憶をたどりスコップ・金棒等を使って発見したのが昨年5月)、この発見を伝えられた「浦幌町立博物館」の持田学芸員が協力され本格調査が行われ、今回の一般公開という運びとなりました。公開に向けての資料作成等をになった「とてっぽ機関車愛好会」の土田会長他多くの方々からお話しを聞くことが出来ました。

現地は発見当時、鬱蒼たる雑草が茂り土砂も堆積していた。その後、探し当ててからは「重機」を入れての、慎重な作業が続けられたとの事。
事前に地元の多くの方々は、一般来訪者が史跡を見やすく歩きやすい様にと、更に手作業で整地作業を行い迎えて戴きました。

土田会長他に伺うと10:22分現在50名の多くの方々が市内だけではなく、道内・道外(新聞報道を知って、今回の「一般公開」のみを目的に来られた方もおられたとの事、中には帯広入りされた後の交通の便が無く、止む無く断念された方もおられたそう)から、その後も続々と来られていました。

地元の方々、関心を以って参加された皆さんは口々に「貴重な史跡として、市内とってぽ通りのSL・客車同様に十勝帯広の観光資源として是非後世に伝え残して欲しい」と話されているを耳にして、今回の発見が如何に十勝鉄道が多くの方の記憶に残っていたものを呼び覚ましたと言えるのではないでしょうか・・。
添付写真:手前が「整備ピット」奥が「機関車転車台」

一般公開時に配布された資料.pdf (application/pdf) [詳細] 823 KB

最新情報

5月19(日)

館長のブログを更新。

会社案内
会社案内

リンク

天下糖一プロジェクト
天下糖一プロジェクト 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスバック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社