1月23日(土)台湾高尾から玉井様ご来館

台湾高尾からご来館の玉井様
台湾高尾からご来館の玉井様

 風の殆どない晴れ渡った穏やかな天気の午後(12:30頃)、

お一人のご来館を戴きました。

 

 予めこちらでの滞在予定時間をお伺いすると、「特にこの後、

予定はない」との事。

 更に、ご案内の関係で「道内・道外の方、どちらか」をお聞きすると、

玉井様「実は長野出身なのですが、現在仕事の関係で、台湾高野に

住んでいる」との事。


 今回は、息子さん(小学4年生)の冬休みを利用して、

お二人で1/20(水)に千歳に到着、レンタ・カーを借りて冬道を

玉井さん自ら運転して十勝入りされたそう・・。驚き(・□・;)


 息子さんがアイスホッケーをしていて、その指導を受ける為、

清水町御影が屋外リンクでの単独受け入れをしてくれるので、

息子さんがトレーニングしている時間に、お母さんはお一人で

ご来館戴いたとの事。

 

 1階でのご説明後、2階ブースでは「ペーパーポット」「ビートの模型」

をご覧戴き、「ペーパーポット」に触れて戴きながら、

利用の仕方・移植技術の優れた所を詳細にご説明し、

玉井様「本当にいいものですね!!」と感嘆されていました。


「ビート模型と砂糖の量」を比較する所では、

「本当に効率がいいのですね!!」とも・・。


 「芽室製糖所」の工場へビートが受入されてから、

「砂糖」になるまでの工程映像をご覧頂きましたが、「糖液」の映像部分では

「透明なんだ・・」と独り言。

 更に、「遠心分蜜機」の映像部分では、驚きの声を挙げられていましたね。


 「ビートは、全く捨てる所が無い」と言うご説明に、ご納得されていました。


 「特別室」での歴史のご案内では、展示品説明書きをご覧になり、

気付かれ玉井さんの方から、

「初代社長は、松方さんだったのですか?」と逆質問。

更に、「そんな方が社長だったから、天皇陛下も来られる理由ですよね。」とも・・。

 

「第3展示室(歴史ブース)」では、改めて「官営紋別製糖所」に触れ、

この「工場」を立ち上げたのが「父、松方正義」であった事をお伝えし、

「父が成し得なかった事業(甜菜糖)を再興するべく、息子正熊が国内では

3番目の工場を、この帯広稲田の地に立ち上げた」事をお話しました。


 更に、明治時代の失敗を繰り返さない為に、会社自らインフラ投資をした事も・・。

 

 そんなやりとりの中、あっと言う間に1時間近くなりました。


 玉井様は、25日(月)には息子さんの希望で、苫小牧へ移動して

アイスホッケーの試合を見る予定である事も話して下さいました。


 玉井様、冬道の移動になります。くれぐれも車の運転等十分気を付けられ、

台湾へ無事に戻られます様・・。


 本日は十勝管内沢山の施設がある中、当館へお越し下さり、

本当に有難うございました。どうぞ、お元気で・・!!

最新情報

6月20日(火)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広