11月29日(日)熊本市からIさんご夫妻ご来館

熊本市からご来館のI様ご夫妻
熊本市からご来館のI様ご夫妻

 朝10時現在マイナス3℃と冷え込んだ風のない晴天の中、
ご夫妻のご来館を戴きました。

 いつもの通り、こちらでの滞在予定時間を伺うと

「40分位は大丈夫!」との事で、ご案内を開始しました。
 同時に伺いましたら「道外」の方で、それも熊本市から

「子供が畜大に通っていて、久しぶりに様子を見に来て、

その機会に・・」と話して下さいました。

 一階での「帯広製糖所」のご案内に併せて、

「軽便鉄道(子会社:十勝鉄道㈱)」のご説明で「農学校前駅」

がまさに現在の「帯広畜産大学」前にあった事を、古い「路線図」

をご覧戴きながら、お伝えしました。

 お二人共、「路線図」を興味深くご覧になっていましたね。

 二階でのご案内で、「連続滲出塔」で「平均70℃の温水に保つ」

と言う説明に対する質問で、

 ご主人から

「繊維から効率良く糖分を抜き取る為」との即答を戴きました。

「大正解!!」
 
更に、「70℃に保つ事により繊維の細胞がシッカリと開き、

繊維に含まれている糖分をムラ・ムダ無く抜き取る事が出来ると

同時にこの段階で、余分な色を付けない」ため

と付け加えさせて戴きました。

 「芽室製糖所」の映像視聴・詳細な工程ご説明後、私の方から

「ビートは全く捨てる所が無い農作物」とお話しすると、

 奥様から「ビートの葉の部分はどうするのか?」との

「タイムリー」なご質問を戴きました。
 

「待っていました!!」とばかりに、

「収穫後の畑に細かく刻んで有機肥料として鋤込みされる」

旨、お伝えしました。
※糖分を抜き取った繊維は、「ペレット」にして家畜の「餌」

として使用される事も・・。

「砂糖製品前」では、改めて「砂糖」の製造方法をご確認戴きましたね。

 それ以降の「歴史のブース」でも、ご夫妻共熱心に耳を傾けて戴きました。


 その様な楽しいやり取りの中、あっと言う間に時間が経過し、

40分どころか75分も経過してしまいました。

 お帰りの際、「館長のブログ」のお話しをすると、

ご夫妻共快諾下さり、写真を撮らせて戴きました。有難うございます。

 ご夫妻は11/27(金)に来られ、昨日(28日)は息子さんと過ごし、

今日お二人で来て戴いたとの事でした。
 奥様から「4月の入学式の際にこちらに寄りたかったが、

その時は体調が悪く、そのまま戻る事しか出来なかった。」

との事で、「再チャレンジ」でのご来館を戴きました。

 明日(30日)に熊本に戻られるとの事ですが、

くれぐれも気を付けてお帰り下さいね!!

 気温の差もあるでしょうから風邪等引かぬ様、お過ごし下さい。

どうぞ、お元気で・・!!
 

 本日はご来館ご視聴戴きまして、本当に有難うございました!!

最新情報

12月10日(日)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広