7月10日(金)3ヵ国からのお客様、ご来館

3ヵ国からのお客様
3ヵ国からのお客様

7月10日(金)午後3時頃、

他のお客様をご案内途中に、

1階で音がしたので2階から1階を確認すると、

なんと外国の方が3名。


降りて行き「日本語が話せますか?」と片言の英語でお話しすると、

3人とも「NO!」とおっしゃる。(;´Д`)



他のお客様をご案内中であった事から、

1階「映像展示室」での英語版(文字解説)のDVDを視聴出来ると

単語と身振り手振りでお伝えすると、

「OK」との事で約30分ご覧頂きました。


見て戴いている間に、

前の方のご案内を終える事が出来、

視聴後1階から2階へとご案内しました。


片言の単語を並べて、

「ここから東に200mの所に、

この模型の工場建物がある」事をお伝えしました。



2階ではDVD後半に写っていた

「ペーパーポット」をご覧戴きましたら、

3人共とても興味深そうに見入っていました。


昔の「ハンド移植器」を手に持って、

「ワンポット」と言って植える真似をしますと、

3名とも「OK!」と笑顔でうなずかれていました。



3名様のやり取りから、

ドイツから来られた方がいらっしゃる事が判り、

2階の「ドイツBMA社の連続滲出塔」の銘板をご覧戴き、

北海道で8工場あり、

全てドイツで開発されたこの滲出法により、

現在もビートからお砂糖を作っている事をお伝えしました。



「特別室」「第3展示室」についても、

汗だくになって身振り手振りで、

片言の単語を繋げて必死になって説明させて戴きました。


幸い3名の方も聞き取ろう、

理解しようとされていたのがこちらにも判りましたので、

それが有難かった。ヾ(*´∀`*)ノ



「北海道地図」をご覧いただき、

3社8工場の会社毎の色分けを説明し、

ご理解戴きました。


その後「休憩室」へご案内し、

樹木越しではありましたが

改めて「元帯広製糖所」の建物を確認戴きました。


更に「休憩室」に掲示している「世界地図」をご覧戴き、

世界での「ビート」と「さとうきび」を原料として

「お砂糖」が製造されている割合、

国内での割合をご説明しました。


全てのご案内を終え、

1階へ降りた際に当館ホームページのお話しをして、

「3人の写真をお撮りして良いか」お尋ねすると、

「OK」との快諾を戴き、撮らせて戴きました。


写真右側男性は、NL(オランダ)Bert SchoLteさん、

女性の方DE(ドイツ)Dr.Beate Rückerさん、

左側男性DK(デンマーク)Erik Anders Lawaetzさん。


帯広へ来られた目的は観光なのか、

お仕事なのか伺う事も出来ず、

あっという間の1時間のご案内でしたが、

3名の方笑顔で帰られたので

「ほんの少しでも、ご満足戴けたのかな~」と

自己判断しましたが果たして・・?



ご来館戴いた事に対する「お礼の気持ち」を伝える術は有りませんが、

「本日はご来館戴き、片言の英単語から聞き取ろうとご努力戴き、

本当に助かりました。

有難うございました。皆様どうぞ、お元気で・・!!」


Ich freue mich, Sie zu sehen. Sehen wir uns wieder. 

最新情報

7月22日(土)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広