6月27日(土)帯広市内からK・H様ご家族ご来館

K・H様ご家族
K・H様ご家族

本日薄曇りの肌寒い天候の中、

13時20分頃ご家族のご来館を戴きました。


こちらでの滞在予定時間をお伺いすると、

「30~40分くらい」とご主人が言って戴きましたので、

お子様Rちゃん3才に

「2階ではボタンを押すお手伝い」をお願いして、

ご案内を開始させて戴きました。


1階にある当社にとって

一番最初に操業を開始した「帯広製糖所の模型」をご覧戴きながら、

当社の歴史等をお話ししている際に他のお客様が来られたので、

受付対応の間に2階へ上がって見ていて頂く様お願いしました。



後のお客様は結局

「お砂糖等」の小売りはしていないのか?との事で、

当社グループ会社

「出光スタンドのスズラン企業㈱」を紹介させて戴きました。



直ぐに2階へ上がりますと、

大分進まれていたので、

戻って戴きイスをご用意して、

3人で座って芽室製糖所の工場にビートが搬入されてから、

お砂糖になる迄の映像を約束通り、

Rちゃんにボタンをお願いし、

視聴戴きました。



イス3つ用意しましたが、

Rちゃん「座らなーい!!」と拒否するので、

お父さんが抱っこして見る事となりました。


お父さんに抱っこされて、

「してやったり!?の顔」(笑い)で、

最後まで静かに見ていましたね。



Rちゃん、偉い(^-^)!!



お母さんには「お砂糖の製品」前では、

詳細に「製造方法」をお話しさせて戴きました。


「特別室」「第3展示室」へとご案内の中で、

Rちゃんの「頑張り」も限度かな?とも見受けられたので、

奥の「休憩室」へご案内し、

Rちゃんにも喜んでもらえそうな本

(当社グループ会社・スズラン企業が経営している

「宮脇書店」が設置した書籍)を

ゆっくりソフアーに腰掛けて戴いて、

休んで戴きました。



その様にくつろいでおられる時に、

「館長のブログ」のお話しをしますと、

ご両親共快諾戴いて写真を撮らせて戴きました。


目をつぶっていては申し訳ないので、

2回撮らせて戴きましたがRちゃんが残念ながら

2回ともカメラの方を向いてくれませんでした。


残念!!


ご両親曰く、

「何度撮っても正面を向く事はないですから、

いずれかを使って下さい」との事。



今日K・H様ご家族は、

いつもそばを通って気になっていたそうですが、

隣りの「麦音」さんへ来た帰りに当館へ来て戴いたとの事。


最後まで十分にご案内出来ませんでしたが、

ご来館戴きまして有難うございました。


ご両親のご健康、

そしてRちゃんの健やかな成長をお祈りしております。


最新情報

12月10日(日)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広