「開拓の泉」ご紹介

この「開拓の泉」は昭和43年7月、

当社元磯分内製糖所(昭和11年11月操業開始)構内に

「甜菜機械化推進事業発足記念」として設置され、

昭和45年3月ホクレンさんへの工場譲渡に伴い、

現在の場所(元帯広製糖所構内)へ移設されたものです。


移設から今年で45年になりますが、

その間に工場本館周辺の諸建物・構築物・社宅等は撤去されました。


泉はこれからもずっと「私達」を見守り続けます。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    西山信孝 (土曜日, 01 10月 2022 16:29)

    昭和24年に帯広精糖所社員住宅2戸長屋で生まれ、昭和42年まで過ごしました
    当時住宅があった場所は、現在コンビニがあった場所付近と思わます
    現在、「日甜橋」と命名されいますが、稲田小学校への通学時には欠かせない人道橋でした
    是非、当時の日甜住宅が分かる地図を見たいと思っています
    手掛かりがあれば教えて下さい

  • #2

    館長の清水です。 (日曜日, 02 10月 2022 11:07)

    西山 信孝様 メールを戴きました件ですが、残念ながら当館には「帯広製糖所社宅配置図」その物がございません。ご要望に添えるかどうか判りませんが、当館に常時展示している「帯広製糖所垂直写真」を送信しましたが、送信できない旨「システム会社jimdo」から入りました。小職の個人アドレスsimiz@nitten.co.jpに西山様からメールを頂戴して、再度試みてみたいと考えています。お手数をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。

  • #3

    髙橋 (火曜日, 04 4月 2023 21:15)

    子供時代遊びがてらこの湧き水を飲んでました。
    当時工場は閉鎖されてましたが、社員の共同浴場が2ヶ所あって入りに行った覚えがあります。
    事務所横に公園もあり、遊具が数点ありました。

  • #4

    館長の清水です。 (水曜日, 05 4月 2023 09:30)

    髙橋様、メールを戴き有難うございました。「湧き水」ですが、ご存知の通り磯分内製糖所に設置され、「当時工場は閉鎖」との事ですから、ホクレンさんへ譲渡される前なのか、その後のなのか懐かしく行かれたのかな・・と想像しております。私も譲渡後ですが構内に入らせて戴いて、3回事務所周辺・ビートビン等を見ることが出来ました。「湧き水」は、現在元、帯広製糖所構内に移設大切に保存されています。

最新情報

4月14日(日)

館長のブログを更新。

会社案内
会社案内

リンク

天下糖一プロジェクト
天下糖一プロジェクト 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスバック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社