3月7日(土)札幌からS・S様ご家族ご来館

S・S様
S・S様

3月7日(土)午前10時現在気温2℃と

この時期としては暖かい小雪のチラつく11時30分頃、

ご家族のご来館を戴きました。


ご都合を伺いますと「この後の予定は特にない」との事で、

「40分前後戴ければ・・」とお伝えし、

ご案内を始めさせて戴きました。


ご家族は札幌から来られたとの事で、

当社の製品「スズラン印のお砂糖」も、

更に社名についても「ニッテンさんですね!」

と良くご存知でした。ヾ(*´∀`*)ノ


「帯広製糖所」の操業開始から

「芽室製糖工場への統合」等歴史をお伝えし、

2階へとご案内しました。


パネル・展示物前での解説に対し、

ご夫妻共「ペーパーポット」にも直接触れられながら、

熱心に耳を傾けられていました。


「ビート」は直接ご覧になった事がないと

言われていましたが、

展示模型の茎葉部分を見て戴いて

「ビートは何の仲間だと思いますか?」

とお聞きするとご主人が

「ほうれん草」と即答され、『大正解!!』。


平均糖分でも「ビート」と比較の意味で

「さとうきび」の平均糖分をお聞きすると、

「12%?!」と回答され、これ又『大正解!!』でした。


 お見事でした、ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ


「製造工程映像」をご覧戴いた後、

ご主人から「結晶缶へ粉糖(微粉末)を

投入するとの事だが、糖蜜との繋がりは・・?」

とのご質問がありましたが、

それに対して「無色透明の糖液を真空結晶缶に送り、

蒸気で加温し更に粉糖を入れる事により、

整った結晶を作る(真空結晶缶で出来る白下とは、

結晶=製品と糖蜜が混じった物)。


この「白下」を遠心分蜜機に掛けると

内側に結晶(製品)が残り、

蜜が振り出される」とご説明しました。


歴史のブース「第二展示室」では、

奥さんが抱っこされた子供さんは

天井がドーム型となっていて声が反響する違いが解かったのか、

それまで静かに抱っこされていたのですが、

「子供さんなりの大きな声」を連発していましたね。

 

 Σ(゚д゚lll)でした。


ご案内を終えて階段を降りる際に

「当館をどの様に知られたのか」をお聞きすると、

来帯にあたってネットで調べて来て戴いたとの事でした。

 

 ヾ(*´∀`*)ノ


お蔭様で今日(7日)は、

S・S様ご家族の後3組7名のご来館を戴きました。

有難い限りです!!


奥さんも子供さんを抱っこされたままでのご観覧で、

お疲れになった事でしょうね。


お疲れ様でした。(感謝です!!)


本日はご来館戴きまして、有難うございました。

最新情報

12月10日(日)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広