9月26日(金)Y・M様、T・N様ご来館

左Y・M様、右T・N様
左Y・M様、右T・N様

 午後2時20分頃お二人のご来館を戴きました。

 

 前に来られていた団体(22名)が帰られて、余り時間が空く事なく、お二人のご来館を戴きました。


 受付後こちらでの滞在予定時間をお伺いしますと、「30~40分位は、大丈夫」との事で、1階「帯広製糖所」の模型前で、創業時・その後の状況を写真パネル等も併せて、解説ご案内させて戴きました。


 2階の第二展示室では、「栽培・製糖両技術」を「ペーパーポット」「ビートナイフ」等直接触れて戴きながら、映像視聴前後に解説させて戴きました。


「特別室」を経て「第三展示室」の北海道地図(道内同業3社8工場の集荷区域の色別け地図)でのご説明を終えて、3時5分程でしたが一通りのご案内を終えさせて戴きました。


 その後も作付面積の事、農家の方々の減少等お二人と色々なお話しをさせて戴きました。

 


 1階に戻ってからは当社工場へ原料であるビートを安定的に供給して来た軽便鉄道SLプレート等ゆかりの品々・写真パネルをご覧戴きながら、また話しがはずみトータル1時間30分以上滞在され、お帰りになりました。


 お二人の間柄をお聞きしませんでしたが、友人?恋人?
 お二人にとってほんの少しでも何かのお役に立てたのであれば、幸いです。

 

 私にとっても本当に楽しい時間をご一緒させて戴きました。
 本日は当館へご来館戴き、有難うございました。

 

 T・Nさん、Y・Mさん、どうぞお元気で・・・!!

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Y.Mです (水曜日, 01 10月 2014 09:36)

    先日はいろいろなお話を聞かせて頂いて、どうもありがとうございました。私たちも、とても楽しく貴重な時間を過ごすことができました。
    優れた製糖技術やビートの効率の良さ、また家畜の喜ぶ甘い飼料にもなることなど、驚きの連続でした。
    昔、輸送用の鉄道は地域の人たちの足としても大活躍だったというお話を聞いた時、なんだかすごく感動し、嬉しい気持ちになりました。
    これからも地域に根差し、私たちにより近しい存在であり続けて頂けることを願っています。

    館長さんも、どうぞお元気でお過ごしください。
    どうもありがとうございました!

  • #2

    館長の清水です。 (水曜日, 01 10月 2014 10:39)

    ご丁寧にメールを頂戴し、感激しております。本当にあっという間の時間でしたが、楽しい時間を共有させて戴きました。お二人のお人柄のお陰と感謝しております。戴きました温かいお言葉を励みに、今日から又 精一杯のご案内をして参りたいと考えています。
    Y・Mさん、T・Nさん、お身体ご自愛の上 お過ごし下さい。メールを有難うございました!!ヾ(*´∀`*)ノ

  • #3

    Quiana Stuhr (金曜日, 03 2月 2017 04:51)


    Keep on working, great job!

最新情報

7月22日(土)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広