9月7日(土)M・S様が親子で来館されました。

M・S様
M・S様

・幕別町在住お母さん(M・Sさん)、息子のK・Sさん(東京在住、帰省中)のお二人でご来館戴き、その後のご予定がないとの事で、通常のご案内をさせて戴きました。
・1階の展示写真を見られた際、お母様は「とてっぽ(十勝鉄道車両愛称)に乗って一度農学校前駅まで行った記憶がある」と話されていました。
・当館収蔵図書「川西村全図 縮尺1/50000」写しをお見せした所、「遠くは戸蔦・八千代」まで行っていた事を知り、驚かれていました。
・2階展示室「ビートパルプ」展示品の前では、両親が酪農を営んでいて良くお父様が「ビートパルプ」の話しをしていた記憶があり、当時実際には見た事が無かったが、これがあの時の「ビートパルプ(60kgのベール)だったのですね・・。」と当時を偲ばれていました。
・息子のK・Sさんは、「帯広製糖所の精巧に作られた模型」を見られた後、「台湾に旅行すると、昔の精製糖工場がそのまま今も残っていて、観光スポットとして多くの観光客で賑わっている。線路も残っていてトロッコを走らせたり、線路の無い所はサイクリングロードとして活用されていた。帯広でも同じ様に古い工場等を残していけるといいですね!!」と話して下さいました。
・帰り際にお母様は、「父が乳牛を育て、搾った牛乳のお陰で学校に行かせて貰いました。」と話され、今日のご来館が当時を振り返るきっかけにもなった様でした。
・K・Sさん、ご実家で十分鋭気を養ってお帰り下さい!!
・お母様、息子さん、お二人のご健康をお祈りしております!!

最新情報

7月22日(土)

館長のブログを更新。

日本甜菜製糖(株)

会社案内
会社案内

リンク

JAPAN観光株式会社
JAPAN観光株式会社 様
十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第33回国際農業機械展in帯広
第33回国際農業機械展in帯広