2018年

9月

30日

ビート資料館フエア開催

 天候に恵まれて昨日(29日)、当館前庭と館内で今年で7回目となるイベントを開催しました。

 

写真は「飼料事業部PRブース」での一コマ。ぬいぐるみを着用しているのは、同部Y・Yさん(女性)です。

ついつい普段の性格が出てしまった様です(笑)。

Y・Yさん、ごめんなさい!!

 

 後日詳細な内容はビジネスセンター担当者から触れられると思いますので、私からは担当しました「館内ツアー」について触れたいと思います。

 

特に触れたいのは、午後からのツアーです。

 

 予定の開始時間1時、間際になってもなかなか参加希望者が集まりません。

外・建物内等呼び掛けのご案内を繰り返し行っても集まりません。

 

 その様な中、同職場のスタッフT・I氏は、入って来られる方に積極的に「ツアー」を勧めてくれたお蔭で余り遅れる事なく5~6人でスタートする事が出来ました。

 

 お客様の一人の方に以前お会いした様な気がしてならなく、お伺いすると「一度来ている」との事。

「話が面白いから、又来ました」と、今回は奥様とご一緒でのご来館でした。

有難い!! 本当に感謝ですね。

 

 最後のツアーは2時からでしたが、ご案内を始め様とすると、今回初めて出店戴いた「帯広農業高校の先生・生徒さん達」もご参加戴き総勢30名前後(正確には数えられませんでした。後で加わった方もいらして・・)でスタートしました。

 

 私が担当してからは今年で6回目ですが、昨年までは最後の「ツアー」は人数がいても「2~3人」で、1人の方をご案内した事もありましたので、本当に有難く感激しました。

 

ツアー参加の皆さんは、説明者の「眼」をしっかり見て耳を傾けて戴きました。

 

 それが本当に嬉しくて、その為か45分間予定が1時間近くなってしまいました。

他にご予定のあった方もいらしたと思いますが、申し訳有りませんでした。

 

 ご案内を終え二階から一階に降りる際、先生が話しかけて下さり、「実は出身が伊達なので、伊達の事を掘り下げて触れてくれたので、嬉しかった・・」と言って戴きました。

 

 こちらこそ、先生はじめ生徒さん達も疲れているのに熱心に視聴戴き、本当に感謝の気持ちで一杯です。

 

 勿論、他の多くのお客様もご来館、熱心に耳を傾けて下さり有難うございました。

 

0 コメント

2018年

9月

21日

札幌市からS・I様ご夫妻ご来館

札幌市からご来館のS・I様ご夫妻
札幌市からご来館のS・I様ご夫妻

すっきりと晴れ渡った十勝晴れの中、10時頃ご夫妻のご来館を戴きました。

 受付後、滞在時間をお伺いしますとご主人「1時間位は、大丈夫・・!!」

との事で、ご案内をさせて戴きました。

その間、何度も電話が入りご案内を中断しました事、お詫びを申し上げます。

 1階での当社の歴史と併せて「帯広製糖所」の創業開始から閉鎖までに触れ、

私鉄(十勝鉄道)のお話しをさせて戴きました。

 2階に上がる階段の所で、奥様から「十勝管内車で見かけるのは、ビートですか?」とのご質問を戴き、全道での作付け割合にも触れ、「きっと、ビートだと

思います」との返答を致しました。

 2階では、当社先人達が開発した「ペーパーポット」をご覧戴き、この技術に

より今も農家の方々に貢献をさせて戴いている事をお伝えしました。

 「芽室製糖所」のお砂糖が出来るまでの工程を、視聴戴いた後 更に詳しく

ご説明させて戴きました。

 「お砂糖の製品」前でも「さとうきび」から作られるお砂糖、主にビートから

作られるお砂糖を「実物」をご覧戴きながら、ご説明ご理解戴きました。

 「特別室」での昭和天皇の行幸に触れ、その他多くの皇族の方々がお越し頂い

た事をお伝えしました。

 「第三展示室」では、ご案内の途中 奥様から「なぜトレードマークがスズラン

なのですか?」とのご質問を戴き、経緯をお話ししました。

 1時間所か1時間30分も経過してしまいましたね。

次のご予定もあり、時間が気になっていたのではないでしょうか?

お伺いしますと、ご夫妻は昨日(20日)帯広入りされ、昨日は中札内等管内

の美術館等巡られたとの事。

 今日は午後からお子さんが市内陸上競技場での大会に参加される為、

その応援に来られたとの事でした。

 ご夫妻共、拙いご案内に対し、非常に熱心に耳を傾けて下さり、

有難うございました。

 お子さんの大会でのご活躍とその後の札幌に戻られる際には、

くれぐれも気を付けてお帰り下さい。

この度は、ご来館戴きまして有難うございました。


0 コメント

2018年

8月

12日

東京からK・T様ご家族ご来館

久し振りに晴れ渡ったお天気の中、11時少し前ご家族のご来館を戴きました。

 受付後にお父様に滞在予定をお伺いすると、「どの位かかりますか?」

とのご質問を戴き、「30~40分位・・」とお答えすると、

「それでは30分位・・」との事でご案内を始めさせて戴きました。

 1階での「帯広製糖所の歴史」に触れ、「私鉄(十勝鉄道)」を当社自ら

走らせていたご説明には、皆さん一様に驚かれていましたね。

 2階での「栽培技術」では、ビートの丈夫な苗を事前に育てる

「ペーパーポット」のご説明の際には、お兄ちゃんに触れて戴き

「一緒に」開きましたね。

 「ペーパーポット」の当社開発によって、「直播」と比較して秋の

収穫量は「約3割増し」とのお話しもさせて戴きました。

 「製糖技術」では、「芽室製糖所」の映像を視聴戴き、規模と正しい

お砂糖の「製造方法」をご理解戴きました。

 「砂糖の製品」前で、お兄ちゃんに「お砂糖の結晶一粒は、何色ですか?」

と尋ねますと、「無色!!」と回答。「大正解!!」

ちゃんと映像をしっかりと見ていました。

「砂糖の結晶一粒」は「雪の結晶」と同じく、「無色透明」です。
「白いお砂糖が白く見えるのは、光の乱反射によって白く見えているだけ

なんです。」

前庭にある茶色の大きな機械について、質問しました。

 

お答えはありませんでしたが、

「スチーム自家発電機」で明治時代から「自家発電」で、ビートからお砂糖を作り終える迄、操業を行っていた事、現在も道内3社8工場共全て「自家発電」で10月中旬以降「製糖終了」迄行っている事もお伝えしました。

 お帰りの際、K・T様に「館長のブログ」に載せたいとして、ご家族の写真撮影をお願いし、ご了解を戴き撮らせて戴きました。

 

本当に有難うございました。

 お伺いするとご家族は、東京から昨日(11日)帯広に入られ明日(13日)には、戻られるとのお話しでした。

 「ビート資料館」をどの様にお知りになったのかを伺うと、

ホテルかに?あった「菓子王国十勝」(スイーツマップ)をご覧になって

存在を知り、ご来館戴いたとの事。有難い!!

滞在予定を大幅に超過してしまい、申し訳有りませんでした。

 この度のご旅行が楽しいものとなり、ご家族ご無事に東京に戻られます様、

お祈りしております。

 

 まだまだ猛暑が続いていると思いますので、くれぐれも体調管理に気を付けてお過ごし下さい。

本日は、ご来館戴き熱心にご視聴下さり、有難うございました。



0 コメント

2018年

6月

14日

ビート苗鉢設置しました!!

今年も農技開発部農技開発課の全面的な支援により、設置する事が出来ました。

 道内外、更に海外の方々にとっても直に北海道の主産物である「ビート(甜菜)」

 

をご覧いただける訳ですから、喜んで戴けるものと思います。

 今秋の収穫時期まで、しっかりと見守り管理して参ります。

0 コメント

2018年

6月

13日

6月13日(水)愛知県から奥村様ご夫妻ご来館

愛知県からお越し頂いた奥村様ご夫妻
愛知県からお越し頂いた奥村様ご夫妻

 肌寒い薄曇りの天候の中、ご夫妻のご来館を戴きました。(12:55頃)

 受付後、「こちらでのご案内時間30~40分、大丈夫ですか?」とお伺いすると、「大丈夫!!」との即答を戴きました。

 一階での「帯広製糖所の歴史」等ご説明後、二階へご案内。


 栽培技術の進歩でもある当社が開発した「ペーパーポット(各種)」をご覧戴きながらご説明し、奥様から「種」についてのご質問がありましたので「種子(サンプル)」をご覧戴きながら、ご説明させて戴きました。

 「ビート模型」の傍に置かれた「砂糖」の意味をご説明すると、ご夫妻共「寒冷地作物であるビートの効率の良さ」に驚かれていました。

 その後、「芽室製糖所」の映像を視聴戴き、製造方法を詳細にお伝えしました。

 「砂糖製品」前では、改めて「今日の日本の多くの奥様方の間違った捉え方」にも触れ、正しい「砂糖の製造方法」をお伝えしました。

 「特別室」「第三展示室(歴史ブース)」でのご案内を終えてお帰りになる時に勇気を振り絞って「館長のブログ」へのご協力をお願いしましたら、ご夫妻共「快諾」戴きました。

 奥村様ご夫妻は、愛知県から5月26日に道内入りされ、車での観光をされながら今日(13日)、帯広に入られたとの事。

 その後、奥様は今月23日(苫小牧?)船で北海道を離れた後、ご主人一人で南下されるとの事でした。

 ご主人は北海道「小樽」出身で、20歳頃迄おられたそう・・。
「昔のビートの思い出」を懐かしそうに話して下さいました。

 まだまだお二人の「道内旅」は続きますが、お身体くれぐれも気を付けて、そして楽しい「旅」となります様、お祈りしております。

本日はご来館戴き、有難うございました。


0 コメント

最新情報

11月4日(日)

館長のブログを更新。

会社案内
会社案内

リンク

十勝トテッポ工房
十勝トテッポ工房 様
日帰り路線バスパック
十勝バス株式会社 様
帯広観光コンベンション協会
帯広観光コンベンション協会 様
日本甜菜製糖株式会社
日本甜菜製糖株式会社
第34回国際農業機械展in帯広
第34回国際農業機械展in帯広